のんびり映画日記


3年ぶりに再開しました。のんびりやっていきますー。
by yuko_web
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

エターナル・サンシャイン

b0025701_13581043.jpg大好きだった恋人と別れたとき、すべてを忘れてしまいたいがゆえに楽しかった思い出まで消してしまいたいと思う。
なかったことにしてしまいたいと思う。

この映画では「記憶を消す会社」があり、ジョエル(ジム・キャリー)は失恋の痛みからその会社に記憶消去を依頼するけれど、やっぱり楽しかった記憶はとどめておきたいと後悔し、そして恋人への想いを再認識してしまう。

なんとも苦い気分になってしまった。
それは私が「なかったことにしたい」と思うことのほうが多いからだろな。
私は恋愛に対して努力家じゃないんだよなぁ、と感じたです。
自分が相手を好きでいることにも、自分を好いてもらおうとすることにも、努力が足りない。

たとえば相手とあわない部分があったとき、目をつぶるのか、徹底的に話し合うか、自分を相手にあわせるようにするのか、色々な道があるけど、私は「あわない、気に入らない」と思うだけ。それじゃ~だめだわな。
一度は消そうとした記憶をとどめるために必死で頑張る2人を見てると「私だったらササッと消去して終わりだろなー、ダメだなー、私」と思って、なんかヘコんだ。
映画の感想というより自分語りで失礼。(^_^;)

キルスティン・ダンストが良かったな。


【ストーリー】
バレンタイン目前のある日。ジョエル(ジム・キャリー)は不思議な手紙を受け取る。
「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」
クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)はジョエルが最近喧嘩別れしてしまった恋人。仲直りしようと思っていた矢先に、彼女が自分との記憶を消去してしまったことを知りショックを受けた彼は、自らもクレメンタインとの波乱に満ちた日々を忘れようと、記憶除去を専門とするラクーナ医院の門を叩くが・・・。
2004年/アメリカ
[PR]
# by yuko_web | 2006-03-25 14:01 | DVD日記

深呼吸の必要

b0025701_23494078.jpg少し人生に疲れた5人の若者が、ひたすらサトウキビを刈る。
都会を離れて、沖縄のサトウキビ畑にアルバイトとしてやってきたワケアリな若者たち。

ストーリーは特に大きな事件があるわけでもなく、淡々と過ぎていく。
「サトウキビを刈る」という1つの目的を共有している彼らは、時々険悪ムードになったり、仲良くなったりしながら、約1ヶ月過ごす。いつの間にか役割分担や強弱関係が生まれながら、助け合うことを自然と身につけていく。

そんな日々の中で、少し立ち止まって、ほんの少し自分を見つめ直す。
そして少し素直になって、また日常の日々に笑顔で戻っていく。
そんなストーリーでした。

ベタなセリフ、そしてありがちな展開だけど、いやみなく見せてくれたと思います。
タイトル通り、深呼吸して一息つくことが人生には必要だというメッセージを感じました。

地味~な映画ですが、私は好きです。
大きな感動とかじゃなくて、なんだかじんわりくる感じが。

私はすぐにいっぱいいっぱいになってパニックになることが多く、友人から
「そういうときは深呼吸したらいいよ」
と教えてもらって以来、深呼吸の必要ってのはとても大切な位置にあるものなので、その友人のアドバイスを心地よく思い出せました。

うまくいかないことも多いけど、
大丈夫。
なんとかなる。
・・・そんな気持ちになりました。


【ストーリー】
沖縄のとある離島に降り立った5人の若者たちがいた。彼らは、“キビ刈り隊”として7万本のさとうきびを刈るアルバイトとして島にやって来たのだ。彼らを出迎えたのは、滞在中の寝食の世話をする平良家のおじいとおばあ、そしてキビ刈り隊の常連・田所豊だった。
2004年/日本
[PR]
# by yuko_web | 2006-03-12 23:53 | DVD日記

修羅雪姫

b0025701_12341768.jpgまったく期待せずに見てみたら悪くなかった。
おもしろいとまでは言えないけど、それなりに見所あったな。
釈由美子、良いですね~。キリッとした立ち姿がかっこいいし、アクションも決まってる。不思議ちゃんキャラの頃はきらいだったけど、この映画では光っていて好きだな。

映画見てる間はあのアクション全部本人がやってると思い込んでいて「すげー、かっこいい!平成の志穂美悦子や!」とコーフンしてましたが、スタントマンなんですよね。そりゃそうだわな。
でも本人の身のこなしも十分素晴らしいです。特に剣さばきが。

しかし、アクションと映像はいいのになぜか退屈してしまう。
ストーリーと人物描写が薄いからかな。
いや、薄いというより粗いというか、なんかテキトーな気さえする。
映画はやっぱりストーリーをまず大切にしてほしいなぁ。

釈由美子の美しい背中に免じて★3つで。


【ストーリー】
暗殺集団 健御雷(たけみかづち)家の直系の血を引く娘 雪は、感情を抑圧し、冷徹に人を殺す殺し屋として育てられた。ある日、雪の前に現れた老人に、雪の母親を殺したのは健御雷家の首領 白雷だと告げられる。雪は健御雷家からの逃亡を図り、人里離れたガソリンスタンドにたどり着く。そこには訳ありげな青年 隆とその妹が住んでいた。
2001年/日本
[PR]
# by yuko_web | 2006-03-11 20:00 | DVD日記

THE 有頂天ホテル

b0025701_21174952.jpgドタバタ喜劇ながらも人生の悲哀を感じさせ、それでも自分らしく生きる明日を祝福してるような映画でした。
正直、笑い度は期待ほどではなかったけど、ジーン度はかなり高くて、総合的にはとても良かったです。

大スター揃いで、すごく豪華。互いを食い合わず、それぞれいいカラーも出て良かった~。
篠原涼子が良かったなぁ。こんなにいい女優さんだったっけ。いい、すごく良かった。
オダギリジョーも良い~。スティーブ・ブシェミみたい。
役所広司、佐藤浩市はいつも通りいいー、泣きそうになったわー。


最悪の大晦日に起こった、最高の奇跡。
公式サイト:http://www.uchoten.com/
[PR]
# by yuko_web | 2006-02-04 20:52 | 映画日記

アイランド

b0025701_2252982.jpgハリウッドのこのテの映画は、つまらないことはあまりない。おもしろさは保証されてる。
そのかわりに突き抜けてスゴイ映画ってのもめったにない。(笑)
いやいや文句を言ってるのではなく、「深く考えずに楽しみたい」と思って見てるので期待通りに満足してます。

映像がすごい。迫力満点だし、セットもスゴイし。
ストーリーもおもしろい。
ただ、人間のクローンというテーマだから、もっと「触れてはいけない領域」とか「命の尊厳」とか「唯一無二な個人」とかを感じさせるセンシティブさが欲しい。
ストーリーにはそのあたりもちゃんと盛り込まれてはいるんだけど、少々安易。
そこをもっと作り込めば名作にもなれたかも、と思わせるできです。

それにしてもユアン・マクレガーは良いわー。存在感があるし、演技がいい。
「シスの復讐」以来、ちょっとファンになってしまったかも。
ヒロインのスカーレット・ヨハンソンも良い。
ひとクセありそうな美人でスタイルもいいし存在感あったなぁ。


【ストーリー】
2019年。一部の裕福な人々は、自分のクローンを作り、重病になると彼らから内臓を移植してもらえる…。近未来に起こりそうなクローン問題を扱った一作。自分がクローンであると気づいた主人公リンカーンが、隔離された居住空間からの脱出を図る。
2005年/アメリカ
[PR]
# by yuko_web | 2006-01-29 22:59 | DVD日記

香港国際警察 NEW POLICE STORY

b0025701_2323410.jpgジャッキー、かっこいい!! 最高!!
子供の頃にジャッキー・チェンの映画に夢中だった頃を思い出させてくれる、お見事なアクション満載の香港映画でした!

ビルからの落下アクション、街を迷走するバスでのアクション、もちろんカンフー格闘アクション、しかも椅子や小道具をうまく使った見せ場もいっぱい。

アクションの見せ方の工夫が凝ってるし、衣装やセット、カット割りやカメラワークも含めて映像全体が昔よりも洗練された感じ。
ストーリーもおもしろかったし、キャラ作りもいい。
若手スターたちのアクションも決まってるし、ほんと見応えバッチリ。

脚本だけはちょっと難があるけど、えーい、もういいや、それはいい。
ジャッキーが昔にくらべて少し衰えたのも否めない。でもそれもいい。
それらを補って余るほどあふれてくるジャッキーの情熱で私はノックダウンです。

ニコラス・ツェーは今まで顔しか知らなかったけど、単なるイケメンスターではなくアクションやコメディ演技もできるのを知ってなんだか嬉しい。期待大!

こういう若手たちに次の世代を託しながらも、ジャッキーもまだまだ頑張っているのが嬉しい。
こういう、熱い意気込みを感じれる映画が私は大好きです。
ジャッキー・チェン、私たちを30年にわたって魅了し続ける真の香港映画スターですっ。

といいつつ、「マッハ」のトニー・ジャーにも心奪われてるけど。(笑)


【ストーリー】
ゲーム感覚で凶悪犯罪を続ける若者グループを追っていた香港警察のチャン警部(ジャッキー・チェン)は、彼らの罠にはまり、部下たちを皆殺しにされてしまう。失意のうちに生気を失い自暴自棄の日々を過ごす彼だったが、新たな相棒シウホン(ニコラス・ツェー)が現れ、やがて再び正義の心を取り戻していく……。
2004年/香港
[PR]
# by yuko_web | 2006-01-22 23:26 | DVD日記

いぬのえいが

b0025701_1314081.jpg犬を飼ってる人には、シャレにならんぐらい号泣してしまう映画じゃないかなぁ。
・・・という想像はつくけれど、私はペットと暮らしたことがないので、「うーん、ずるいなぁ、泣かせる気まんまんすぎる。」と少しさめた目で見てしまった。
とはいえホロッと涙しちゃったけど。

ラストはかなり泣かせに入ってるけど、大半はほんわか~とした気分になるかわいいストーリー。エピソードがそれぞれつながってるけれど、そのつなぎがちょっと悪いのが残念。
でも出演者はみんな魅力的だし、素朴でかわいい映画で、楽しいひとときでした。


【ストーリー】
いぬを主軸にしたエピソードを6人の監督がリレー形式でつづっていく作品。犬を題材にしたアニメやミュージカルもあれば、子供の頃からずっと一緒だった飼い犬を失った哀しみを描く物語、柴犬ポチと空き地で遊んだ思い出をつづった物語など、それこそ様々な物語が紡がれていく。
2004年/日本
[PR]
# by yuko_web | 2006-01-14 20:00 | DVD日記

Mr.&Mrs.スミス

b0025701_21565263.jpgブラッドピットとアンジェリーナジョリー演じるスミス夫妻が繰り広げる、ハデでゴージャスでバイオレンスな夫婦げんか映画。

おもしろかったです~。
殺したいほど憎いし、それでも好きで、意地を張って素直に言えないまま後に引けずに攻撃しあう。
いいわー、こういう夫婦げんかしてみたい。(相手いーひんけど)
ま、普通の夫婦ではあんなふうにバズーカ砲をぶっぱなしたり車で轢いたりできないけど(笑)、愛し合ってる夫婦のけんかって、気持ちはあんな感じだろな。

それにしてもほんとゴージャスな映画だったなぁ。
ブラピもアンジェリーナ・ジョリーも大好きだから楽しかった。特にアンジェリーナ・ジョリーのあの毒々しくサディスティックな美しさがバッチリ味わえて大満足。

普通は男が女を殴ってる映像ってひくけど、アンジェリーナ・ジョリーだからアリ。
だって「女はか弱い」なんて空気をみじんも出さないし、
むしろ「勝つのは私なのよ、当然でしょ」て感じだし。
そういうところが好きなんだわ~。
b0025701_21571081.jpg

一瞬で恋におちた、ふたり。 おたがい、その正体は秘密。
公式サイト:http://www.mr-and-mrs-smith.com/
[PR]
# by yuko_web | 2006-01-09 21:58 | 映画日記

FRIED DRAGON FISH

b0025701_14421333.jpgすごく大好きな作品で、もう何度も見てるけど今日また久々に見ました。
うーん、いいわぁ~~~。

若き浅野忠信演じる不思議な少年テロリスト、芳本美代子演じるポップでカラッとした元気な女の子、この2人の距離感がすごくいいんよな。
すいません、以下軽くネタバレです。





結局2人の間には何も始まらないまま映画は終わる。これがいい。
2人はひかれあっていて、素直に自然に一緒にいるけど、
でも何も始まらない。
だから恋愛とは呼べないような間柄だけど、でもやっぱり恋愛映画。
微妙~~な距離感で、
そのもどかしさに「うーー」と叫びたくなるようなところで映画が終わる。
うまい。いいわ~。

この映画はキャスティングが成功してると思う。
この女の子の役は、当初は監督はCharaをキャスティングしたかったと聞いたことがあるけど、
いやいや、みっちょんにピッタリ。
みっちょんでなきゃー、2人のこの微妙な距離感はだせなかったんじゃないかと思うぐらい。
もちろん浅野忠信も。絶対、浅野忠信でなきゃ。

映像の美しさと2人の存在感が最高です。
あー、何度見ても大好きな映画だわ、これ。


【ストーリー】
盗難高級熱帯魚の行方を追うプーは、熱帯魚に囲まれて暮らす少年と出会う。だが彼はプロのテロリストだった…。無国籍で幻想的なハードボイルド。
1993年/日本
[PR]
# by yuko_web | 2005-11-13 00:40 | DVD日記

マイ・ルーム

b0025701_14412028.jpgメリル・ストリープにダイアン・キートン、そしてディカプリオ。キャストが豪華で演技は揃ってお見事。
でも、重い病気と家族をテーマに泣かせようとしている気がして、ちょっと距離を置いて見てしまった。
決して悪い映画ではないけど、たまたま私が素直に受け入れられないバイオリズムだったのかも。

でも、ラスト近くのダイアン・キートンのセリフにはホロリときました。
シンプルなセリフなだけに、円熟した人間だけが語れるセリフだなぁと心にしみました。
不安定な年頃の少年を演じるディカプリオも良かったなぁ。
あやうい青春を演じると、レオ様ほんと素晴らしい。


【ストーリー】
ロバート・デ・ニーロが、製作・出演した感動のファミリードラマ。反抗を繰り返し、施設に入っていた少年(レオナルド・ディカプリオ)が、白血病に侵された伯母の無償の愛により、心を開いていく様を描く感動の家族ドラマ。
1996年/アメリカ
[PR]
# by yuko_web | 2005-11-12 14:45 | DVD日記

Profile

このブログでは今日見た映画の感想書いてます。なるべくネタバレなしで、どちらかといえば甘口評価です。

検索

最新のトラックバック

レオン:映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
≪深呼吸の必要≫
from ミーガと映画と… -Have..
dot the i ドッ..
from 映画、言いたい放題!
映画「エターナル・サンシ..
from 映画専用トラックバックセンター
事件解決までが難しい!!..
from 日々、書く、えいが、おんがく..
僕はラジオ (DVD)
from 映画と本と音楽にあふれた英語塾
サンドラ・オー -サイド..
from ぐぅちゅえんの見たり読んだり
ベイツ家の永年の夢・・・..
from 取手物語~取手より愛をこめて
夢(空想)と現実2 「ニ..
from 取手物語~取手より愛をこめて

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧