のんびり映画日記


3年ぶりに再開しました。のんびりやっていきますー。
by yuko_web
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

エターナル・サンシャイン

b0025701_13581043.jpg大好きだった恋人と別れたとき、すべてを忘れてしまいたいがゆえに楽しかった思い出まで消してしまいたいと思う。
なかったことにしてしまいたいと思う。

この映画では「記憶を消す会社」があり、ジョエル(ジム・キャリー)は失恋の痛みからその会社に記憶消去を依頼するけれど、やっぱり楽しかった記憶はとどめておきたいと後悔し、そして恋人への想いを再認識してしまう。

なんとも苦い気分になってしまった。
それは私が「なかったことにしたい」と思うことのほうが多いからだろな。
私は恋愛に対して努力家じゃないんだよなぁ、と感じたです。
自分が相手を好きでいることにも、自分を好いてもらおうとすることにも、努力が足りない。

たとえば相手とあわない部分があったとき、目をつぶるのか、徹底的に話し合うか、自分を相手にあわせるようにするのか、色々な道があるけど、私は「あわない、気に入らない」と思うだけ。それじゃ~だめだわな。
一度は消そうとした記憶をとどめるために必死で頑張る2人を見てると「私だったらササッと消去して終わりだろなー、ダメだなー、私」と思って、なんかヘコんだ。
映画の感想というより自分語りで失礼。(^_^;)

キルスティン・ダンストが良かったな。


【ストーリー】
バレンタイン目前のある日。ジョエル(ジム・キャリー)は不思議な手紙を受け取る。
「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」
クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)はジョエルが最近喧嘩別れしてしまった恋人。仲直りしようと思っていた矢先に、彼女が自分との記憶を消去してしまったことを知りショックを受けた彼は、自らもクレメンタインとの波乱に満ちた日々を忘れようと、記憶除去を専門とするラクーナ医院の門を叩くが・・・。
2004年/アメリカ
[PR]
by yuko_web | 2006-03-25 14:01 | DVD日記

深呼吸の必要

b0025701_23494078.jpg少し人生に疲れた5人の若者が、ひたすらサトウキビを刈る。
都会を離れて、沖縄のサトウキビ畑にアルバイトとしてやってきたワケアリな若者たち。

ストーリーは特に大きな事件があるわけでもなく、淡々と過ぎていく。
「サトウキビを刈る」という1つの目的を共有している彼らは、時々険悪ムードになったり、仲良くなったりしながら、約1ヶ月過ごす。いつの間にか役割分担や強弱関係が生まれながら、助け合うことを自然と身につけていく。

そんな日々の中で、少し立ち止まって、ほんの少し自分を見つめ直す。
そして少し素直になって、また日常の日々に笑顔で戻っていく。
そんなストーリーでした。

ベタなセリフ、そしてありがちな展開だけど、いやみなく見せてくれたと思います。
タイトル通り、深呼吸して一息つくことが人生には必要だというメッセージを感じました。

地味~な映画ですが、私は好きです。
大きな感動とかじゃなくて、なんだかじんわりくる感じが。

私はすぐにいっぱいいっぱいになってパニックになることが多く、友人から
「そういうときは深呼吸したらいいよ」
と教えてもらって以来、深呼吸の必要ってのはとても大切な位置にあるものなので、その友人のアドバイスを心地よく思い出せました。

うまくいかないことも多いけど、
大丈夫。
なんとかなる。
・・・そんな気持ちになりました。


【ストーリー】
沖縄のとある離島に降り立った5人の若者たちがいた。彼らは、“キビ刈り隊”として7万本のさとうきびを刈るアルバイトとして島にやって来たのだ。彼らを出迎えたのは、滞在中の寝食の世話をする平良家のおじいとおばあ、そしてキビ刈り隊の常連・田所豊だった。
2004年/日本
[PR]
by yuko_web | 2006-03-12 23:53 | DVD日記

修羅雪姫

b0025701_12341768.jpgまったく期待せずに見てみたら悪くなかった。
おもしろいとまでは言えないけど、それなりに見所あったな。
釈由美子、良いですね~。キリッとした立ち姿がかっこいいし、アクションも決まってる。不思議ちゃんキャラの頃はきらいだったけど、この映画では光っていて好きだな。

映画見てる間はあのアクション全部本人がやってると思い込んでいて「すげー、かっこいい!平成の志穂美悦子や!」とコーフンしてましたが、スタントマンなんですよね。そりゃそうだわな。
でも本人の身のこなしも十分素晴らしいです。特に剣さばきが。

しかし、アクションと映像はいいのになぜか退屈してしまう。
ストーリーと人物描写が薄いからかな。
いや、薄いというより粗いというか、なんかテキトーな気さえする。
映画はやっぱりストーリーをまず大切にしてほしいなぁ。

釈由美子の美しい背中に免じて★3つで。


【ストーリー】
暗殺集団 健御雷(たけみかづち)家の直系の血を引く娘 雪は、感情を抑圧し、冷徹に人を殺す殺し屋として育てられた。ある日、雪の前に現れた老人に、雪の母親を殺したのは健御雷家の首領 白雷だと告げられる。雪は健御雷家からの逃亡を図り、人里離れたガソリンスタンドにたどり着く。そこには訳ありげな青年 隆とその妹が住んでいた。
2001年/日本
[PR]
by yuko_web | 2006-03-11 20:00 | DVD日記

Profile

このブログでは今日見た映画の感想書いてます。なるべくネタバレなしで、どちらかといえば甘口評価です。

検索

最新のトラックバック

レオン:映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
≪深呼吸の必要≫
from ミーガと映画と… -Have..
dot the i ドッ..
from 映画、言いたい放題!
映画「エターナル・サンシ..
from 映画専用トラックバックセンター
事件解決までが難しい!!..
from 日々、書く、えいが、おんがく..
僕はラジオ (DVD)
from 映画と本と音楽にあふれた英語塾
サンドラ・オー -サイド..
from ぐぅちゅえんの見たり読んだり
ベイツ家の永年の夢・・・..
from 取手物語~取手より愛をこめて
夢(空想)と現実2 「ニ..
from 取手物語~取手より愛をこめて

ファン

ブログジャンル

画像一覧