のんびり映画日記


3年ぶりに再開しました。のんびりやっていきますー。
by yuko_web
プロフィールを見る
画像一覧

マシニスト

b0025701_11273921.jpgこのテの映画は、最後にすべての謎が解けてスッキリして「すごい!」と思えたら私には「当たり」なんだけど、これは残念ながらちょっとハズレでした。
映画そのものはけっこうおもしろかったけど、ラストがなんだかモヤ~とした感じで、一応謎は解けたものの、「あの血は?」とか「あの人とこの人のつながりは?」「あれはどういう意味やったん?」などの疑問がいくつか残ったせいで、スッキリできなかったのです。
一緒に見た友人に「わかりにくかったとこあるんやけど教えて」と聞いたところ、友人も「わからへん」という回答で、私らとは相性があわなかった映画だったみたいです。

それにしてもこの映画のために30kgも減量したクリスチャン・ベイル、その体は病的に細すぎて「役作り越えてる・・・」と、すんごいインパクトでした。
プロ根性、おそるべし。


すでに1年間365日眠っていない。
公式サイト:http://www.365sleepless.com/
[PR]
by yuko_web | 2005-02-27 09:38 | 映画日記

誰も知らない

b0025701_9341049.jpg久々に映画館で号泣。色々な思いがわきあがってきて感想をうまく言葉にできないけれど、淡々と描きながらも絶望と希望が入り交じっていて胸がしめつけられるような気持ちで涙が出たんだろうなと思います。
でもあえて一言で言うなら、ありきたりな言葉だけど「大人の責任」を問う映画なのかな。

4人の子役が素晴らしかった。演じさせられているという感じもなく、とても自然。
特に柳楽優弥くんは、想像していた以上に良くて驚いた。スター性を感じるというか、存在感のある子で、この淡々とした映画の中でメリハリを持たせた彼の横顔が本当に印象的でした。


生きているのは、おとなだけですか。
公式サイト:http://www.kore-eda.com/daremoshiranai/
[PR]
by yuko_web | 2005-02-26 13:30 | 映画日記

8人の女たち

b0025701_914522.jpg去年見たフランソワ・オゾン監督の「スイミング・プール」がとても良かったので、これを見てみたら、雰囲気が全然違っててビックリ。こっちは舞台劇のような映画で、スピーディな展開とセリフがおもしろい。
殺人事件が起きるので一応サスペンスになるのかもしれないけど、それはどうでもいい感じで、女優陣の豪華な演技と華やかでドロドロした雰囲気を楽しむ映画。

見る前はミュージカル風の映画ということを知らなかったので、いきなり歌い出したときはひいたけど、慣れてくるとそれはそれで妙に楽しかった。
劇場公開の順番とは逆に見たけれど「スイミング・プール」のエロ美少女リュディヴィーヌ・サニエが、この映画では子供っぽい女の子でビックリ!
それにしても女性をシビアに描く監督だなぁと思ってたら、友人から「オゾン監督はゲイだ」と聞いてなるほどなぁと納得。


【ストーリー】
1950年代のフランス。雪に閉ざされた大邸宅で、その家に主人が何者かに殺された。クリスマスを過ごそうと集まった家族は、メイドも含めて、8人全員が女。犯人はこの中にいるかも…と、彼女たちはお互いを探り始めるが、どの女たちもトラブルを抱えており、誰が犯人でもおかしくなかった。

[PR]
by yuko_web | 2005-02-25 22:58 | DVD日記

キス・オブ・ザ・ドラゴン

b0025701_23413417.jpgリュック・ベッソン製作なので「レオンより切ない」とキャッチコピーがついてたけど、それはウソウソ、いくらなんでも無理。
「ニキータより強い」というコピーはその通りだけど。

孤独な刑事が娼婦と心を通い合わせるうちに人間らしい温かみがでてくる・・・というストーリーだと思うけど、そのあたりの描き方が弱い。
刑事も娼婦もキャラクター設定は良いし、恋愛ではない微妙な距離感もいいけど。惜しい。

でもジェット・リーは素晴らしいです! 演技もアクションもすごく良かった。
特にアクションは、ジェット・リーのキレのある動きをうまく見せてて「そうそう、そういうふうに撮ってくれたらいいんだよ!!」と、きのう見た「ザ・ワン」の物足りなさのストレス解消できた。
そうなんだよ!ジェット・リーにはワイヤーなんかいらないんだよ!少林寺や、少林寺を持ってこい!!・・・と燃えましたわ~。
久々に「ジェット・リー、かくあるべし!」と思えて満足。


【ストーリー】
秘密捜査官 リュウは、巨大麻薬ルートの全貌を暴くため、中国からパリへやって来た。危険な仕事に人生を捧げてきた彼は、家族もなく、人の愛し方さえ知らない。一方 ジェシカは、夢を抱いてパリへやって来たが、今は、幼い娘を施設に預け、ストリート・ガールとして生きている。そんな2人が、ある高級ホテルで起きた殺人事件で出会った。

[PR]
by yuko_web | 2005-02-24 23:45 | DVD日記

ザ・ワン

b0025701_22292284.jpgヘタしたらトホホ映画かも・・・。ジェット・リー主演だから見れたけど・・・うーん。
せっかく、ジェット・リー対ジェット・リーの格闘シーンなんておいしいネタがあるのに~、ストーリーが薄っぺらくてもったいない。

そもそも、125人のジェット・リーが本物の1人が残るまで戦うという映画かと思って「きゃー、125人のジェット・リーなんて凄そう!」とワクワクしてたのに、映画始まったらもう123人死んでて、戦うの2人だけ。ガックシ。
アイデアおもしろいし、見せ場もいっぱいあるはずなのに、もったいない・・・。
アクションも、ワイヤーやCGはないほうがいいのになぁ。

でも、そう言いながらもそれなりに楽しみました。
ジェット・リーの鋭い動きは美しくてカッコいい。
でも人にすすめたい映画じゃないなぁ、残念。


【ストーリー】
“ザ・ワン”=全宇宙で唯一の全能の存在になるために時空間を自由に移動し、別世界の自分を殺してはエネルギーを吸収し、超人的な力をつけていくユーロウ。123人の“自分”を殺し、最後の標的であるロス市警の警官に近づくが…。

[PR]
by yuko_web | 2005-02-23 22:30 | DVD日記

オレンジカウンティ

b0025701_21501181.jpg「スクール・オブ・ロック」のマイク・ホワイト脚本で、しかもジャック・ブラックも出ているということを知って見てみました。
主役は、トム・ハンクスの息子コリン・ハンクス。ドラマ「ロズウェル」に出てるらしいけど私は見たことないので初めてだったけど、表情豊かな素敵な青年でした~。気に入った。
そしてジャック・ブラックはやはり強烈なキャラで大活躍。

いい加減な先生とハチャメチャな家族に自分の大学進学をジャマされてしまい、なんとかするために奔走する青年。前半はドタバタコメディっぽく楽しく、後半にいくにつれジンワリと温かいセリフにジーンときてしまう。
ありきたりな話だけれど、素直で愛情深くてかわいいところがいい。
「スクール・オブ・ロック」ほどではないけれど、とても素敵な映画でした。


【ストーリー】
南カリフォルニアを舞台に、ごく平凡な高校生がある日突然、小説家になることを夢見て猛勉強を始める。退屈な日常からおさらばするために悪戦苦闘する若者の姿を描いた青春コメディ映画。

[PR]
by yuko_web | 2005-02-22 21:52 | DVD日記

オテサーネク

b0025701_13183119.jpgチェコアニメが大好きな映画友達が「おもしろいよ~」と貸してくれたDVD。チェコ映画に免疫のない私には、悪夢のようなグロテスクファンタジーでした。(←ほめてます)
食べるという行為がグロテスクに感じて、食欲減退・・・。
この映画のレビューをネットで色々読んでみたら、ファンの人たちは「食べるシーンがおいしそう」と書いているじゃありませんか。
ひー! 私にはわからん~! おそるべし、チェコアニメファン。(←ほめてます、ほんとです・・・)


【ストーリー】
民話を基にしたダークホラー。子供のいない妻を慰めようと、夫・ホラークは木の切株を赤ちゃんの形に削ってプレゼントする。夫人がその切株に本物の子供のように接する内に、チェコの民話と同じように切株は生をうけ、周りのものを食べ尽くしていく…。

[PR]
by yuko_web | 2005-02-21 13:21 | DVD日記

レオン 完全版

b0025701_2019240.jpgきのう「ニキータ」見たら、今日は「レオン」が見たくなっちゃいました。
何度も見てるDVDですが、やっぱり本当に素晴らしい名作。私は完全版が好きです。
脚本も演技も演出も何もかも文句ナシ。

何度見ても、こんなにも悲しく切ない映画は他にない!
レオンとマチルダの心のふれあいの温もりと、ラストの切なさと、もうほんとにたまらない。
ラストにスティングの「Shape Of My Heart」が流れると共に、それまでガマンしていた涙が一気にドバーーと溢れ出てきて泣き崩れてしまう。
今日はもう途中からずっと泣き通しで、ラストの曲とともにさらに号泣・・・。
あぁ、名作すぎて多くは語れない・・・。


【ストーリー】
家族を麻薬組織に殺された少女マチルダ。隣に住むレオンに助けを求めるが彼は殺し屋だった。依頼を受け、次々と人を殺していき、クールな仕事ぶりにをみせる孤独な男レオン。そして彼と少女マチルダのつかの間の愛。

[PR]
by yuko_web | 2005-02-20 20:21 | DVD日記

ニキータ

b0025701_19564721.jpg先日、友達とリュック・ベッソンの話をしていて、久々に「ニキータ」が見たくなったので借りてきました。見るのは2回目だけど、前回と同じシーンで泣いてしまった。
冷徹にならねばならない殺し屋でありながら、女であるニキータ。
ニキータの女心が切ない。まわり始めた悲しい運命から逃れられず苦しむニキータの痛みがジンジン伝わってくる・・・。
ラストも印象的で好きです。
今回、ストーリーがわかっている分、ニキータの悲しみに気持ちが入り込んでしまって、前回見たときよりも深く引き込まれました。


【ストーリー】

警官殺しにより無期懲役を言い渡された麻薬中毒の不良少女ニキータは、その素質を見込まれて秘密工作員に選ばれる。厳しい訓練を受け3年後に一流の殺し屋に成長した彼女には常に工作員としての使命があった。しかし、姿を偽って暮らす日々のなかで、彼女は心から愛せる男性に出会ってしまった…。

[PR]
by yuko_web | 2005-02-19 20:11 | DVD日記

未来世紀ブラジル

b0025701_9245292.jpg私の映画友達がみんな絶賛する「未来世紀ブラジル」。やっと見ました。
実は、見ている間は「これ、どこがおもしろいのかわからない」と思ってました。
未来的なのにレトロな映像や独特の世界観にひかれつつも、ストーリーで満足できなければ映画そのものにも満足できないタチなので、「シニカルな味付けはおもしろいけど、そんなに引き込まれるほどのストーリーでもないなぁ・・・」と思ってました。

でもラストシーンがとても素晴らしくて、最後まで見終わったあとに頭の中でストーリーが全部巻き戻され、ジワジワとその世界観のおもしろさがこみあげてきました。
おもしろかったけど、でもドップリはまるというほどにはならなかったのはちょっと残念。
好きな人には好きな世界観なんだろうなと思います。それにハマれなかった自分が悔しい~。もう1回ぐらい見なきゃなぁ。


【ストーリー】
個人情報のすみずみまで管理されている未来社会の中、情報省記録局の小役人サム(ジョナサン・プライス)は、いつも夢の世界に想いをはせることで、息詰まるようなストレスをしのいでいた。そんなある日、同僚が叩きつぶしたハエのせいでインプットのミスが起こり、靴職人のバトルがテロリストのタトル(ロバート・デ・ニーロ)と間違って捕らえられてしまうという事件が発生する…。

[PR]
by yuko_web | 2005-02-18 14:39 | DVD日記

Profile

このブログでは今日見た映画の感想書いてます。なるべくネタバレなしで、どちらかといえば甘口評価です。

検索

最新のトラックバック

レオン:映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
≪深呼吸の必要≫
from ミーガと映画と… -Have..
dot the i ドッ..
from 映画、言いたい放題!
映画「エターナル・サンシ..
from 映画専用トラックバックセンター
事件解決までが難しい!!..
from 日々、書く、えいが、おんがく..
僕はラジオ (DVD)
from 映画と本と音楽にあふれた英語塾
サンドラ・オー -サイド..
from ぐぅちゅえんの見たり読んだり
ベイツ家の永年の夢・・・..
from 取手物語~取手より愛をこめて
夢(空想)と現実2 「ニ..
from 取手物語~取手より愛をこめて

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧