のんびり映画日記


3年ぶりに再開しました。のんびりやっていきますー。
by yuko_web
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

レスラー

b0025701_0451010.jpgやられた、号泣映画でした。
感動とかじゃない。
やりきれなさと、哀れみと、かっこよさと、賞賛と、共感と、
いろいろなものに胸打たれての号泣です。

かつては栄光をつかんだレスラーのランディ。
あれから20年を経て、今はコアなファンだけに支えられる落ちぶれた中年レスラー。
ファン以外からは「昔のレスラー」と呼ばれ、
まさかまだ現役でやってるなんて思われていない。
レスラーだけでは食っていけずにスーパーで働く姿は
情けない。
世間はそれを滑稽だと笑っている。

不器用な男は不器用にしか生きられない。
人生に何度もつまづき、色々なものを失っても、
うまくたちまわる賢い生き方なんかできない。
レスラーとして生きるのみ。
彼はプロレスラーだから。

「そんな生き様を、どう受け止めればいい?」
映画を見てるあいだ、ずっとそんな気持ちでした。

レスラーとして、プロとして、その姿は最高にカッコいい。
ファンや仲間に愛され、期待に応え、レスラーとして生きぬく。
それは、文句なしにカッコいい。
でもリングをおりた一人の孤独な中年男としての彼は
とてつもなくさみしい。

それで幸せ?
でもそれ以外の選択肢なんか彼にはないのがわかるから、
幸せかなんて問えない。
カッコよすぎる生き方、だけど、それで幸せ?
そんなやりきれない気持ちにさせたミッキー・ロークの演技は
本当に素晴らしかったです。

ミッキー・ロークの人生そのものを思わせるセリフがあり、
まさにはまり役でした。
色々なものを失い、そのかわりに多くのものを得て、
20年たって輝かしく復活する姿は心ふるえました。

ミッキー・ロークだけじゃなく私たちも20年の時間が過ぎて、
若さを失い、人生につまづき、
そしてそのかわりにたくさんのものを得たことを実感させる姿でした。

人生は過酷である、ゆえに美しい。
公式サイト:http://www.wrestler.jp/
[PR]
# by yuko_web | 2009-08-24 23:30 | 映画日記

サマーウォーズ

b0025701_12471410.jpgネットゲームやSNSが当たり前になっている今の時代、人と人とのつながりかたは色々。
バーチャルリアリティな世界の中でのコミュニケーションと、田舎の夏休みに家族親戚集まってワイワイ騒ぐ昔ながらのコミュニケーションが主軸となってストーリーが展開します。
少しクセがあるというか、ぶっとんだ部分もあるけど、おもしろかったです。

テーマは「コミュニケーション」かな。
家族を大事にとか、コミュニケーションのありかたとか、家族や仲間のために頑張る勇気とか、ストレートなメッセージに心打たれてホロリときました。

ふだん一人暮らしの私も今まさしく夏休みのまっただ中で、田舎にある実家で幼児から老人まで親戚揃ってワイワイやってます。
「一人でいる私」と「家族に囲まれている私」と、それぞれ心地いいところと大変なところがあって、なんだか色々考えてしまう。

そして都会の一人暮らしは快適だけど、
実家に帰ると理屈ぬきに「あぁ、いいなぁ、ホッとする」という感覚を覚える私。
映画に出てくる田舎の情景は否応なしにそういう気持ちをまた盛りたてる。

そして、「転職する時期だなー」と思いながらも現状にもそこそこ満足しているから一歩踏み出す勇気がなかなか出ない自分のふがいなさに「なんだかなー」と思っている私。

映画のテーマとそんな自分の環境が重なるところが多くて、
素直に感動したい反面、心にぐさっとくるセリフに複雑な思いになりました。

人と人は一期一会だけど、
こういうタイミングにこういう映画を知らず知らずのうちにチョイスしていためぐりあわせも、映画との一期一会に感謝したい気持になりました。

おばあちゃんが超イカしてました。かっこよかった。

これは新しい戦争だ。
公式サイト:http://s-wars.jp/
[PR]
# by yuko_web | 2009-08-12 23:00 | 映画日記

お久しぶりです

お久しぶりです・・・。
なんと3年ぶりの更新です。

3年、仕事に追われて映画をほとんど見てませんでした。
でも久々に映画館で見る映画、大きなスクリーン、
やっぱいいなーと思いました。

またちょくちょく、のんびりと映画にいこうと思います。
[PR]
# by yuko_web | 2009-08-12 22:00

彼女を見ればわかること

b0025701_1626956.jpgやりきれないような、もの悲しいような、そんなストーリーが5つ続くオムニバス形式。

5つのストーリーのうち、3つに激しく共感してしまいました。
かなわぬ恋を追う女医の話、不倫中の銀行支店長の話、男性経験の豊富な盲目の女とその姉の話。この3つのストーリーです。
ちょっとしたセリフにグッサリやられてしまい、何度か硬直してしまいました。

一言でいえば、みんな「さみしい女」で、充実した日々を送りながらも満たされない思いに沈み込んでしまう。
なんかなー、わかるなー、そういうの。

それでも、希望がある、ホッとする仕上がりになってました。
とても良かったです。

【ストーリー】
女医のエレインは、年老いた痴呆症の母親を介護しながら暮らしている。彼女は同僚の医師に片思いしていて、かかってくることのない彼からの電話を待ち続けている。ある日、彼女は占い師のクリスティーンに、タロット・カードで心の空白をピタリと言い当てられ、新しい男との出会いを告げられるが…。かなわぬ恋を追う女医、不倫中の銀行支店長、童話作家のシングルマザー、死が迫った恋人を看護する占い師、男性経験の豊富な盲目の女…。5人の女の人生を綴った群像劇。
1999年/アメリカ
[PR]
# by yuko_web | 2006-09-18 16:39 | DVD日記

ニュースの天才

b0025701_15362386.jpg実際にあった捏造事件、これが報道されたときすごく興味を持ったことと、SW3でヘイデン・クリステンセンいいぞと思ったことで、このDVD見ました。

映画としては、まぁまぁ。
捏造事件はこんな事件でした。その記事を書いたのはこんなヤツでした。
・・・て感じ。
それはそれでおもしろいけれど、もっと深くえぐってもいいんじゃないのかなと、ちょっと物足りない。

だって情報とは恐ろしいものでしょう。
それが真実であろうと嘘であろうと、それに振り回されて人間は愚かな行動をとるし、噂ひとつで株価も変わるし人も死ぬ。
見えない凶器にもなる「情報」、なのにそれが捏造だったら、・・・それはシャレにならん恐ろしい話。
って、そういう怖さをもっと映画に描いて欲しかった。

でもヘイデン・クリステンセンは良いです。
この記者の身勝手で子供っぽい安易さをうまく出してました。
「ジャーナリストって選ばれた人がなる職業かと思ってたけど、ちゃうやん。単なるヘタレなカッコつけ野郎やん」という気にさせてくれました。


【ストーリー】
より面白く、より刺激的なスクープ記事を望む大衆の期待に迫られた若手人気ジャーナリストは、自ら“ニュース”を作るという、かつてない決断に追い込まれた――。実在したひとりの天才ジャーナリストによるスクープ捏造事件を衝撃的に描いた話題作。
2003年/アメリカ
[PR]
# by yuko_web | 2006-09-03 15:36 | DVD日記

隣人13号

b0025701_19443681.jpg中村獅童の怪演と、小栗旬の静かな狂気の演技がいい。
この2人のキャスティング、ばっちりはまってる。

ストーリー、良いですね。私はこういう話、好きです。
いじめは、「自分の知らない自分」を、そして「汚い自分」を呼び起こすトリガーになると、
その恐ろしさをうまく出してる作品だと思います。

でもラストがいまいちわからない。
結末は見る側に委ねてるのかなぁ。少しスッキリしないものは残りました。

それと十三(小栗旬)と13号(中村獅童)の人格のぶつかりあいがあまりなくて、
そこが少し物足りない。
リアリティを出すためにあえてあのぐらいの接触にしておいたのかなぁ。

それからすごく印象的なカットが多くて、インパクトのある映画でした。
グロ映像が多くて正視に耐えられない箇所もあったけど。

中村獅童はいい役もらったなぁと思います。役得だわ、これは。


【ストーリー】
かつていじめられっ子だった村崎十三は、一見穏やかな青年に成長し建築現場で働いていた。しかし、彼のカラダには狂暴な別人格“13号”が存在し怒りと共に顔を出す。十三は少年時代に自分をいじめていた赤井トールに復讐を企てる。“13号”の存在に気付き、十三は“13号”を抑えようとするが、自分の力ではコントロール出来なくなっていた‥‥。
2004年/日本
[PR]
# by yuko_web | 2006-08-20 19:44 | DVD日記

オープン・ウォーター

b0025701_15502526.jpgサンダンス映画祭から出てくる恐怖映画には当たりが多い。(私には)

恐怖にも色々な種類があると思うけれど、たとえば背筋がゾッとするような冷んやりした恐怖、第六感を刺激するような見えない恐怖、ジェットコースターに乗ってるような爽快な恐怖。
この映画はそのどれでもない。
「キャーー!」と叫んで恐怖感を解放できるような恐怖じゃない。
エンターテイメント性のない恐怖。

広々とした海で果てのない恐怖に乗っ取られてしまう感じ。
まともに受けとめたら耐えられないようなイヤな恐怖でした。
爽快感、ゼロです。やばいです。

ストーリーは、ダイビングで海に出て手違いでボートに置き去りにされてしまった夫婦の遭難話。
広い海のど真ん中で、助けがくるのかこないのか、サメに襲われたらどうしよう、そんな恐怖と戦い続ける。
でも「恐怖と戦う」と言っても、大地に足をふんばれずに浮いたままで理性を保つのって、想像しただけでも耐えられない。

人にはすすめにくいけど、私はこういう絶望的な映画ってけっこう好きです。
でもイヤな人はほんとにイヤだろなぁ。


【ストーリー】
ワーカホリックの夫婦はようやく取れたバカンスでカリブ海へと向う。翌朝、ツアー客で満員のダイビングボートに乗り海へでた。精神的に開放された2人は貴重なダイビングタイムを満喫していた。満足して海面に上がってきた時、スタッフのミスで既にボートは岸に向って行ってしまっていた‥‥。足は届かない、360度岸は見えない、叫びは届かない、助けは来ない、タンクの空気はあとわずか‥・。
2004年/アメリカ
[PR]
# by yuko_web | 2006-08-19 15:50 | DVD日記

ダ・ヴィンチ・コード

b0025701_123213100.jpgストーリーはおもしろい。こういう話は私、大好き。
でも真実に迫っていく部分でのワクワク感があまり感じられず、あまり入り込めなかったなぁ。
原作を読んだ友人たちの話を聞くと、みんな「本を読んでるときはグイグイ引き込まれた」と言ってたので、映画見るよりも原作を読むべきだったかも、と少々後悔。

イエス・キリストに関する映画というのは色々と難しいものがあると思うけれど、
幸い無宗教な私には、そのへんは抵抗なく受け入れられるし、
映画の展開も、ミステリーの結末もおもしろく感じられました。

でもなぁ、もっとおもしろくできそうな空気を感じたし、なんだか物足りない感じ。
でもトム・ハンクスは素敵だったし、なんだかんだ言っても「またルーブル美術館に行きたい」とも思ったし、まぁそれなりには楽しかったです。
b0025701_12373311.jpg


ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。
公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/
[PR]
# by yuko_web | 2006-05-20 23:00 | 映画日記

<(_ _)>

最近、すっかり更新が遅れまくりたおし・・・。
コメント、トラックバックいただいてるみなさま、ちゃんと返せなくてごめんなさい!

思いのほか平日が忙しくなってしまって、週末にまとめて読んでます。
が、週末も出かけたりしてると、もうどんどんたまっていく一方。(^_^;)

時間がたってしまって今さらコメント返すのもちょっと・・・と思い、
置いてしまっていて、ほんと申し訳ないです。

感想は今後も、ゆる~く、ぬる~く書いていく予定です。
コメントいただいてもすべて返せないかも。
うぐ、失礼だらけですがごめんなさいっ!
[PR]
# by yuko_web | 2006-05-20 19:27

トム・ヤム・クン!

b0025701_191164.jpg今回もトニー・ジャーの神業ムエタイアクションがてんこもりで、
ますますファンになりました!

前回「マッハ」は「仏像を取り返せ」
今回は「象を取り返せ」
その違いだけです。
それがどーした、いいじゃないか!
スターの映画はワンパターンなのです。ファンにはそれが嬉しいんです。
「都会の悪いヤツをやっつける田舎の純朴なムエタイ青年」
毎回このパターンでOKっす!

前回の「マッハ」で持てる技のすべてを見せてしまって、今回はどうするんだと少々心配してたけど、ノープロブレム。

  ムエタイ対カポイエラ
  ムエタイ対中国武術
  ムエタイ対巨人ファイター
  関節技100連発
  自転車バイク軍団との対決
  超スピードでボートアクション

ほーら、こんなに新ネタが!!
もちろんムエタイで脳天割りや、トニー得意のジャンプ技や軽業もばんばん出てくるし、見所はなんぼでもありまっせ!!

子象もとってもかわいいし。
意外にも象が出てくるシーンが良かったなぁ。
象ってかわいいなぁ。

死亡の塔(←今、変換したら「脂肪の党」って出た)もどきのワンカット長まわしは微妙かも。
臨場感と緊張感はいいけれど、塔の最上階にくるころにはトニーのスタミナが切れてふらふらだった。
でもあの長回しをよくぞ撮影したよ、やっぱりすごい。

「マッハ!」に続いて、やはり私はトニー・ジャーには一生ついていくことにしました。
DVDももちろん買いますよー。そしてまた友人たちに「これ見てみぃ!」と強引にみせつけてトニー啓蒙活動を行うぜぃ!
トニー、最高!!!!!!

b0025701_19361783.jpg


取り戻したい愛がある、取り戻したい象がいる。
公式サイト:http://www.tyg-movie.jp/
[PR]
# by yuko_web | 2006-05-13 19:16 | 映画日記

Profile

このブログでは今日見た映画の感想書いてます。なるべくネタバレなしで、どちらかといえば甘口評価です。

検索

最新のトラックバック

レオン:映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
≪深呼吸の必要≫
from ミーガと映画と… -Have..
dot the i ドッ..
from 映画、言いたい放題!
映画「エターナル・サンシ..
from 映画専用トラックバックセンター
事件解決までが難しい!!..
from 日々、書く、えいが、おんがく..
僕はラジオ (DVD)
from 映画と本と音楽にあふれた英語塾
サンドラ・オー -サイド..
from ぐぅちゅえんの見たり読んだり
ベイツ家の永年の夢・・・..
from 取手物語~取手より愛をこめて
夢(空想)と現実2 「ニ..
from 取手物語~取手より愛をこめて

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧